atelier miracle hue

HueNote F Help Center

HueNote Fのパーツの説明と、基本的な操作方法を解説します。

バージョン1.2 変更点

アピアランスパネルを廃止し、代わりにセッティングパネルを用意しました。

セッティングパネルでは、様々な設定を一つのシート上で行うことができます。

  • 一般:ワークスペースの背景とキーカラーの設定
  • ライブラリ:リストのフォント、色、カードサイズの設定
  • エディタ:デフォルトのフォント、色の設定
  • プロパティ:メタデータの編集

セッティングパネルは、メニュー「表示>セッティング…」を選択して表示します。

エディタヘッダーやライブラリカードのタグボタンをクリックして表示するタグ選択パネルは、表示スタイルを、ポップオーバーからシンプルなカスタムパネルに変更しました。新しいパネルでは、コンパクトにアイコンだけを表示するモードも選択できます。

パーツの名称と役割

ライブラリはウィンドウの左サイドに表示されます。出し入れ可能です。

ライブラリは作成されたすべてのノートを管理します。マークタグでノートを絞り込んだり、星マークや文字列でもノートを探し出すことができます。

検索・置換では、すべてのノートから該当の文字列がヒットした場所を見つけ出すことができます。置換した内容は、ドキュメントを閉じる前であれば取り消すことができます。

ライブラリでノートを選択してdeleteキーを押したり、editorでtrashボタンを押したとき、ノートはその時点ではなくならずゴミ箱の中に入ります。ライブラリのゴミ箱で確認できます。ここで完全に消去するかライブラリに戻すかを決定できます。

ライブラリ・テーブルで表示されるひとつのノートを表す単位をカードと呼びます。カードの基本サイズはアピアランスから設定できます。カードの高さによって表示される文字数(行数)が変化します。カードの幅を調整することによって、ライブラリを広く表示した時に縦一列に表示させたり縦横に並べたりできます。

[v1.2] アピアランスはセッティングに変更しました。

エディタはノートを編集する基本パーツ。ノートの作成、削除、編集、タグの設定、星マークの設定、日付の確認、コメントの入力はすべてここで行います。

タグボタンをクリックすると選択パネルが表示され、タグを設定することができます。

エディタは、スペースの幅に余裕があれば右端にいくつでも追加することができます。エディタが複数あるとき、どれかひとつが選択状態(編集状態)になります。そのエディタをキーエディタと呼びます。

ウィンドウをリサイズすると各パーツはできる限り表示状態を保つように調整されます。しかし各パーツとも最小サイズまで達したときは、エディタが右から順にはみ出していきます。はみ出したエディタは使えなくなりますが、ウィンドウサイズをもとに戻せば再び使えるようになります。

基本操作

編集中のエディタで新しいノートを作成するときは、エディタのヘッダーにある新規ボタン( )か、ゴミ箱ボタン( )を押すと、テキストビューがクリアされタイトルに「新規ノート」と表示されます。(エディタを追加したときはこの状態になっています)

新規ボタン( )はそのとき編集しているノートの内容を確定してライブラリに保管します。ゴミ箱ボタン( )はそのとき編集しているノートをゴミ箱に入れます。その後どちらもテキストビューを空にして次の操作を待ちます。

その状態でテキストビューに入力をすると、適当なタイミングで新しいノートが自動的に作成されます。

エディタでゴミ箱ボタン( )を押すと編集中のノートをゴミ箱に入れます。

ライブラリでノートを選択しておいて、deleteキーを押すまたは編集メニューの「削除」を選択するとゴミ箱に移動します。ライブラリではshiftキーまたはcommandキーを使って複数選択することができるので、まとめてゴミ箱に入れることもできます。

エディタでゴミ箱ボタン( )を使ったり、ライブラリでdeleteキーを使ったりした時、ノートはライブラリから除かれますが、ゴミ箱に移動しただけでまだ完全になくなるわけではありません。

完全に消去するには、ライブラリを表示し「ゴミ箱」を選択します。そして「空にする」ボタンを押します。

編集したいエディタをクリックしてキーエディタにします。テキストビューがインサーションポイントを表示して入力待機状態になって編集できるようになります。

エディタは入力の邪魔にならないタイミング(キー入力の手が一定時間止まったタイミング)を見計らって編集内容を記録していきます。そのタイミングでエディタのタイトル、ライブラリに変更が反映されます。

マークタグ:プリセット4種類 [ ](追加、編集不可)

エディタのヘッダー(タイトル左のバッジ)またはライブラリのカード上のボタンをクリックすると選択パネルが表示されるので、そこでタグを選択します。

エディタのヘッダー、ライブラリのカードにある☆マークをクリックすることでon/offを切り替えることができます。

エディタ右上の i ボタンをクリックするとインフォパネルが表示され、そこで確認できます。

エディタ右上の i ボタンをクリックするとインフォパネルが表示され、そこで入力できます。

ツールバーの追加ボタン( )をクリックします。

エディタの左上のcloseボタンをクリックします。

ノートをセットしたいエディタをクリックしてキーエディタにしておいて、ライブラリでカードを選択します。

ツールバーのアピアランスボタンをクリックするとパネル(シート)がでるのでそこで設定します。

デフォルトフォントは新規エディタに適用されます。既存のエディタには変化はありません。

[v1.2] アピアランスはセッティングに変更しました。また、ツールバーのボタンは廃止しました。セッティングパネルを表示するには、メニュー「表示>セッティング…」を選択し、サイドメニューの「エディタ」を選択します。

  • ツールバーのライブラリボタンをクリック(on/off)
  • メニュー「表示>ライブラリを表示/隠す」を選択。

表示してるライブラリは、右境界付近をドラッグして小さくいき、そのまま閉じることもできます。

ライブラリでは、文字列、星マーク、マークタグによってノートを絞り込んでリストアップすることができます。

すべてのノート:  すべて、 星付き、 星なしでノートを抽出することができ、さらにテキストフィールドに文字列を入力するとその文字列で絞り込みができます。

マークタグ: 選択したタグを持つノートを抽出します。複数選択したときはどれかが一致したノートが抽出されます。

また、 ゴミ箱を選択すると、ゴミ箱に入ってるノートのリストが表示されます。

ライブラリのメニューの下のソートボタン( )をクリックするとパネルが表示されます。ここで条件と順序を選んでパネルを閉じる(パネルの外をクリック)と並べ替えが行われます。

ライブラリのメニューでtrashを選択するとゴミ箱に入ってるノートのリストが表示されるので、テーブルでノートを選択して「ライブラリに戻す」ボタンを押します。

ライブラリで「サーチ」を選択します。ポップアップメニューで「検索」を選んで、サーチフィールドに文字列を入力します。

検索結果は、文字列がヒットした箇所をノートごとにグループ化してすべて表示します。

ライブラリで「サーチ」を選択します。ポップアップメニューで「置換」を選んで、サーチフィールドに文字列を入力し検索結果を表示します。それからテキストフィールドに置き換える文字列を入力して「すべて置換」ボタンを押すか、任意のカードを選択しておいて「置換」ボタンを押します。

ライブラリで「サーチ」を選択し、ポップアップメニューで「置換を戻す」を選びます。さらにその右のポップアップメニューから戻したい項目を選択します。そして「置換取消」ボタンを押します。

注意:置換取消を実行すると、この置換をした後にユーザーが編集した内容もすべて取り消されます。古い置換を取り消す時ほど注意が必要です。

ライブラリでカードを選択するとき、shiftキーを押してクリックすると先にクリックしたカードから今クリックしたカードまでの範囲をすべて選択します。

commandキーを押してクリックすると、選択してないカードは選択に追加、選択してるカードは選択から外されます。

複数選択してる状態での操作は、optionキーを押してる時と押してない時とで違います。optionキーを押しながらタグボタンをクリックしてパネルを開きタグを設定すると、選択してるものすべてに適用されます。押してない状態で操作をするとその操作をしたカードにだけ適用されます。星マークも同様です。

その他、カードをドラッグする場合もoptionキーを押してると複数まとめて、押してないとそのカードひとつだけをドラッグすることになります。

ツールバーのアピアランスボタンを押すと設定パネル(シート)がでてきます。

[v1.2] アピアランスはセッティングに変更しました。また、ツールバーのボタンは廃止しました。セッティングパネルを表示するには、ライブラリメニュー下のオプションボタンをクリックするか、メニュー「表示>セッティング…」を選択し、サイドメニューの「ライブラリ」を選択します。

ツールバーのアピアランスボタンを押すと設定パネル(シート)がでてきます。

高さを変更すると表示する行数が変化します。幅を変更するとライブラリの中のカードの列と行の数が変化します。これはライブラリをリサイズして広く表示すると変化がわかりやすいです。

[v1.2] アピアランスはセッティングに変更しました。また、ツールバーのボタンは廃止しました。セッティングパネルを表示するには、ライブラリメニュー下のオプションボタンをクリックするか、メニュー「表示>セッティング…」を選択し、サイドメニューの「ライブラリ」を選択します。

ツールバーのアピアランスボタンを押すと設定パネル(シート)がでてきます。

背景イメージは次のいずれかの方法で設定します。

  • サムネイルをクリックしてオープンパネルからイメージファイルを選択。
  • サムネイルにイメージファイルをドラッグ&ドロップ。

または、ドキュメントウィンドウ上(エディタ以外の部分)に直接イメージファイルをドロップすることでも変更できます。

その他、イメージのボカシ具合、不透明度(+にいくほどイメージが白くみえなくなります)、ベースカラー(イメージとブレンドします)を設定することができます。

[v1.2] アピアランスはセッティングに変更しました。また、ツールバーのボタンは廃止しました。セッティングパネルを表示するには、メニュー「表示>セッティング…」を選択し、サイドメニューの「一般」を選択します。

キーカラーとは、キーエディタの枠やツールバーの選択色として使う色です。

ツールバーのアピアランスボタンを押すと設定パネル(シート)がでてきます。

[v1.2] アピアランスはセッティングに変更しました。また、ツールバーのボタンは廃止しました。セッティングパネルを表示するには、メニュー「表示>セッティング…」を選択し、サイドメニューの「一般」を選択します。

ライブラリから項目をドラッグして、エディタ以外の部分にドロップすると同じ内容でノートが作成されます。

ライブラリでノートを選択して編集メニューの「コピー」を実行し、別のドキュメントをアクティブにして、ライブラリをファーストレスポンダにしておいて「ペースト」を実行しても、ノートを作成することができます。

ノートをドラッグしてエディタのテキストビュー上にドロップした場合は、ドロップした位置にドラッグしているノートの本文の内容が挿入されることになります。

CheckNoteのファイルは直接HueNoteで読み込むことができないので、CheckNoteMediatorを使って中間ファイルを作っておく必要があります。詳しくはCheckNoteのページをご覧ください。

CheckNoteMediatorで作成したファイル(拡張子.cndocmediumdata)を用意したら、ファイルメニューの「CheckNoteデータをインポート...」を選んでオープンパネルからそのファイルを選択すると、新しいドキュメントが作成されます。

インポートして作成されたドキュメントには、ツールバーの左端にCheckNoteスタイルリストボタン()が表示されます。クリックするとパネル(ポップオーバー)が表示されて、CheckNoteのときと同じような階層型のリストが表示されます。その項目をクリックするとキーエディタにノートが表示されます。(ただし、並べ替えの関係でノートの順番は完全に再現できない場合があります)

このCheckNoteスタイルリストは、CheckNoteとHueNoteのノートの管理形式が違うため、移行を補助する目的で用意したものです。いつまでもこのリストに頼るのではなく、HueNoteにあった構成にノートを作り変えていくことをお勧めします。(HueNote内で編集した内容はこのリストには反映されません。)

ライブラリがアクティブ状態にあるとき、メニューからプリントを実行すると、ライブラリで選択しているノートすべてをまとめて印刷します。何も選択していないときはすべてのノートを印刷します。

キーエディタがアクティブ(インサーションポイントが表示されてる)状態にあるとき、メニューからプリントを実行するとそのエディタで表示してるノートを印刷することができます。